mintdesigns “New Hope” – Fall Winter 2011/2012


 mintdesignsのコレクションを見るのは、今回が5回目である。彼らの使うテキスタイルは、女の子のシルエット,お家などと有機的なイメージをのものが多かったが、今回は違った。 丸や三角形や四角などシンプルな幾何学模様の集合体で構成されていた。会場は、日の出にある「仕事」と「遊び」を創造する複合施設「TABLOID」。不思議な場所だった。まるで工場の中のように冷たくて、ランウェイには、規則的に蛍光灯が並べられていた。しかし、オートクチュールを身にまとったモデル達が登場した瞬間、蛍光灯は優しい希望の光かのように見えた。全体的に無機的でシャープだが、どこか暖かい。mint 独特の透明感と、鮮やかなパステルカラーとフェミニンなシエットがそうさせたのだろう。

 It's my fifth time to see mintdesigns' collections. What they use are always organic motif such as houses,girl's silhouette and so on. but this time they use inogarnic ones. The textile was composed of a collection of simple geometric shapes such as circles and squares and triangles. This show was staged at the Tokyo creators' district "Tabloid" . It was such a interesting place. It was like a stark factory. Fluorescent lights arranged in a runway neatly. but when the models appeared the atmosphere was turnning into gentle and warm. Even I could see a ray of hope. Inorganic sharp but overall and warm because of mint's transparent, soft pastel colors and femininess.







 今回のテーマは"New Hope" 震災の影響で数多くのショーが中止された。mintdesignsは延期してでも、このNEW HOPEを届けたかった。オールブラックの常識を逸脱するかのように、mintdesignsは黒を全く使わない。ノーブラックというポリシーを掲げている。しかし、それでもシャープで無機質的な魅力がある。

 The theme was New Hope. According to the earthquake disaster, many shows has cancelled. Mintdesign was eargar to show "the new hope" and encorages Japanese economy. Departing from all-black, mintdesigns does not use black at all. No black has set a policy. However, there are still sharp and attractive.



















写真はアシスタントの玉川萌木ちゃんが撮ってくれました。